看護師 副業

【副業禁止】現役看護師がバレずに稼ぐ方法は、上手にネットを活用です

【副業禁止】現役看護師がバレずに稼ぐ方法は、上手にネットを活用です

 

悩む看護師
「就業規則で副業禁止って書いてあるけど、副業をしてみたい。でも、バレたら怖いし・・・100%バレない方法はあるのだろうか?」

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

・【大前提】リアルの場で副業をすると、バレるリスクが高まります

・現役看護師の副業がバレたら、免職や解雇の場合があります

・看護師が副業禁止でもほぼ100%バレない方法は、ブログ運営です

 

本記事の信頼性

・現役看護師13年目

・副業ブログで月間10万PV達成

・グーグルアドセンスのみで月5万達成

・1文字7円単価の受注経験あり

・ブログきっかけで、本の執筆経験あり

 

総合病院で看護師として12年間働き、1年間フリーランス。

現在は、施設看護師として日中のみ働きながらブログを書いています。

 

結論から言うと、

 

“ほぼ100%バレない方法”

 

というのは存在します。

 

私自身、現役看護師をしながら副業で月収50万円を稼いだときも全くバレませんでした。

 

本記事では、

 

「副業禁止な病院でもバレずに副業をする方法と稼ぎ方」

 

というテーマで伝えていきます。

 

副業をしてみたい方、副収入で月収5万円以上稼ぎたい方は最後までじっくりと読んでみてください。

 

それでは、スタートしていきましょう!

 

【大前提】リアルの場で副業をすると、バレるリスクが高まります

 

副業がバレる原因

・副業をしているところを同僚にバレる

・副業をしているところを患者さんにバレる

・住民税が増えてバレる

 

順番に解説をします。

 

副業をしているところを同僚&患者さんにバレる

 

“リアルの場で働いているのがバレる”

 

これが副業でバレる一番のケースですね。

 

リアルの場というのは、

 

・健診ナース

・イベントナース

・夜勤専従ナース

・夜のお仕事

・単発バイト

 

こういった副業になります。

 

一般的な対策として、

 

働いている地域から離れた場所で働く

 

こう言われていますが、100%バレないとは言えません。

 

そもそも、離れた場所で副業をするのは

 

・通勤というムダな時間が発生する

・体力を消耗する

・労働収入から抜け出せなくなる

 

こんなデメリットが発生するので、オススメできません。

 

住民税が増えてバレる

 

副業が会社にバレる流れ

 

給与に対して、住民税が多すぎる

会社が疑問に思い、詳しく調べる

副業がバレる

 

こんな流れで、副業はバレます。

 

住民税とは・・・

 

前年の所得に対して課されるもので、

 

給与分の住民税を合算して給与から天引き:特別徴収

 

副業分の住民税のみ自分で納税:普通徴収

 

副業収入が20万円を超えた場合、確定申告が必要になります。

 

そのとき、

 

普通徴収を選択

 

これがバレない対策になります。

 

納付額が増えたことに気づかれないですからね。

 

現役看護師の副業がバレたら、免職や解雇の場合があります

 

公務員で働く看護師

民間で働く看護師

 

この2つで違いがあるので、解説をします。

 

公務員で働く看護師は免職の可能性があります

 

副業がバレたとき

免職:民間企業の解雇と同じ

停職:定められた期間、仕事ができずに無給

減給:定められた一定の期間、給与が減額

戒告:注意を受ける

 

バレると良いことは一つもありませんね。

 

何度もお伝えしますが、リアルの場で働くのはリスクがあるので、おすすめしません。

 

民間の看護師も解雇の可能性があります

 

就業規則に『副業禁止』が書かれている場合、解雇の可能性は十分あります。

 

例として、私が当時の総合病院で働いていたとき、本を書いていたことが看護部長にバレました。

 

看護師長から看護部長に連絡がいく

看護部長に呼び出される

今すぐ本を書くのをやめるよう指示がある

本を書くのをやめる(正式には名前を公表せずに商業出版)

仕事を続ける(好奇な視線を感じる)

 

このような状況になり、働きづらかった経験があります。

 

私は特に処分されませんでしたが、副業禁止な病院で活動する場合、徹底的にバレない方法を実践することが大切ですね。

 

看護師が副業禁止でもほぼ100%バレない方法は、ブログ運営です

 

ブログがおすすめな理由

・バレるリスクがない

・本業に影響を与えない

・期限がない

 

順番に解説をします。

 

バレるリスクがない

 

副業がバレる条件

・副業をしているところがバレる

・住民税が増えてバレる

 

この2つがバレる主な理由になります。

 

ブログはネットを利用するので、自分で副業を話さない限り、バレるリスクはありません。

 

本業に影響を与えない

 

ブログのメリット

・時間に縛りがない

・提出期限がない

・ワークライフバランスを重視できる

 

ブログのデメリット

・一人で時間管理を徹底しないといけない

・成果が出るまでに半年はかかる

 

フルタイム看護師の場合、

 

不規則勤務

夜勤

時間外

 

このような状況下で看護師の仕事をしないといけないので、体調管理が求められますよね。

 

どうしてもリアルの場で副業バイトをしてしまうと、体の負担が強すぎて体調を悪くしやすいです。

 

その点、ブログだと体調が良くないときには、無理をせずに長期運用することが可能になります。

 

期限がない

 

リアルの場以外の副業で有名なのが、看護師ライターです。

 

しろ
私自身、ブログを書き始める前にクラウドワークスを利用して、ライターとして活動していた時期がありました。

 

月2万〜5万円を稼ぐことはできましたが、提出期限が当然あります。

 

初心者の頃にライターで稼ごうとすると、想像以上に大変です。

 

寝られずにそのまま、看護師の仕事をしていた日もありました。

 

一方で、ブログには提出期限はありません。

 

時間管理というデメリットはありますが、自分のペースで記事を書くことができます

 

まとめ:副業禁止な現役看護師でも、正しい行動をすればバレません

 

今回の記事では、

 

・リアルの場で副業をすると、バレるリスクが高まる

・住民税は普通徴収にして、自分で納税をする

・副業がバレたときの処分

・バレずに副業ができるのはブログ

 

上記の内容を具体的に解説しました。

 

一部の病院やクリニックでは、副業OKになっています。

 

ただ、ほとんどの場合は、副業禁止が多いですよね。

 

副業禁止』という言葉で不安になりますが、正しい副業の知識を持つことが大切です。

 

しろ
下記の記事では、現役看護師をしながら副業ブログで稼ぐ方法について解説をしています。

 

副業ブログ
看護師をしながら今から副業ブログで稼ぐことは可能【現役看護師が解説】
看護師をしながら今から副業ブログで稼ぐことは可能【現役看護師が解説】

 

今回は以上になります。

-看護師 副業
-,

© 2021 看護LIFE.com Powered by AFFINGER5